金太郎温泉

住所:富山県魚津市天神野新6000

宿泊施設 内湯 日帰り温泉カルナの館内湯・露天風呂 貸切風呂

 

金太郎温泉に宿泊してきました。金太郎温泉は、東日本4大高張性硫黄泉(勝手に命名)、青森県三内温泉ヘルスセンター、山形県舟唄温泉、栃木県喜連川早乙女温泉のひとつで、金太郎温泉は日帰り温泉だけでなく、宿泊でも楽しめる高張性硫黄泉です。

 

訪問時の温泉分析書の主な温泉成分は下記でした。

温泉分析書H26.09.19

源泉:金太郎温泉

泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウムー塩化物泉(硫化水素型)(高張性中性高温泉)

主な成分

リチウムイオン:2.5mg/kg

ナトリウムイオン:4790mg/kg

カリウムイオン:248.3mg/kg

カルシウムイオン:1401mg/kg

アンモニウムイオン:0.1mg/kg

ストロンチウムイオン:28.1mg/kg

マグネシウムイオン:10.3mg/kg

マンガンイオン:0.6mg/kg

フッ化物イオン:3.4mg/kg

塩化物イオン:9903mg/kg

臭化物イオン:36.7mg/kg

ヨウ化物イオン:1.5mg/kg

チオ硫酸イオン:5.1mg/kg

硫酸イオン:14.6mg/kg

炭酸水素イオン:100.6mg/kg

遊離硫化水素:6.1mg/kg

遊離炭酸:54mg/kg

メタケイ酸:98.2mg/kg

メタホウ酸:44.2mg/kg

成分総計:16748mg/kg

硫黄量:8.657(H₂S 6.1 HS⁻ 0 S₂O₃²⁻5.1)

温泉利用方法掲示は、壁画大浴殿・カルナの館共に入浴に適した湯量の均一化のため定時にかくはん循環する場合があり(ろ過はなし)

 

12058

富山市ファミリーパークでキリンにエサやり。

12059

オオカミのエサやりを終えて。

12060

金太郎温泉手前路。

12061

金太郎温泉に到着、外観。

12062

フロントでチェックイン、おみやげ屋さん試食多し。

12063

館内のご案内。久しぶりの広い温泉宿。

12064

宿泊させていただきましたお部屋は光風閣別館のお部屋。

12065

テレビ・冷蔵庫。

12066

おもてなしは、金太郎まさかり餅と金太郎柿のお菓子だったような。幼児の分もありました。

12067

12068

お部屋からの眺め。

12076

温泉の利用は、壁画大浴殿は24時間、日帰り温泉カルナの館は朝5時半から23時半まで入浴可能でした。

12069

早速壁画大浴殿へ。

12070

続いてカルナの館へ。

12071

訪問時のお夕食は壁画大浴殿2階広間の花風にて。

12072

おやすみなさい。

12073

翌朝カルナの館へ。

12074

続いて壁画大浴殿へ。

12075

訪問時の朝ごはんは光風閣別館1階コンベンションホールガイアにてバイキング。

12077

チェックアウト後、能登島水族館へ移動。

 

関連記事:

関連記事:金太郎温泉に宿泊(ご飯)

 

最終訪問2019.11

 

東日本4大高張性硫黄泉日帰り温泉入湯記

 

金太郎温泉カルナの館で日帰り入浴

三内温泉ヘルスセンターで日帰り入浴

喜連川早乙女温泉で日帰り入浴

舟唄温泉テルメ柏陵健康温泉館で日帰り入浴

 

金太郎温泉までのアクセス

 

新潟市より新新バイパス~新潟西ICから高速へ。黒部ICで降り海岸方面へ向かい県道150号線を左折し道なりに走り、金太郎温泉入口の看板から左折し、看板を右折し坂を登っていき、カルナの館を過ぎると左側に見えてきます。自宅から約222km、所用時間約2時間半。

広告