がんゲノム検査2回目(胸腺がん4b肺がん)

 

がんゲノム検査の説明と申し込み

 

一昨日がんゲノム検査の説明を大学病院で受けてきました。前回1ヶ月前に病院で説明を受けていた時よりも話の内容がだいぶ進展していました。

関連記事:がんゲノム検査の説明

 

当初は血液検査でできる自由診療のGuardant360でゲノム検査を受ける予定でしたが、がんが見つかったときのCT針生検の腫瘍が使えそうだということで、保険診療可能なNCCオンコパネルシステムがん遺伝子パネル検査でゲノム検査できることになりました。標本の質で検査がうまくいかない場合はGuardant360でやるかCT針生検でとりなおすかどちらかです。その時にまた相談することになりました。費用は20万弱くらいです。Guardant360だと40万といわれていたのでとりあえず半分でおさまりました。

 

治療につながる確率は10%前後、保険適応内で治療に結びつく人はその半分くらいだそうです。治療につながる可能性があるものが見つかる可能性があると同時にがんになりやすい体質が子どもに受け継がれていく遺伝がわかってしまう可能性があるとのことでした。子どもががんになりやすい体質であることを聞くことは辛いですが、一応結果を聞くことにしました。聞かないことも可能です。あと30年、40年もすれば治る病気になっているかもしれないし。

 

他は説明と同意書どりで約1時間、全16ページ分の説明を受けました。最後にNCCオンコパネルシステムがん遺伝子パネル検査用の採血をして終了しました。結果がでるのは、だいたい1ヶ月半後とのことでした。

 

あとは治療に結びつくものが見つかるように祈るのみ。

広告