山田温泉大湯

住所:長野県上高井郡高山村山田温泉3580

日帰り温泉 内湯

 

信州高山温泉郷山田温泉大湯で日帰り入浴してきました。

 

訪問時の温泉分析書の主な温泉成分は下記でした。

温泉分析書H28.10.03

源泉:山田温泉混合泉(元湯(第1号削泉)、(わなば)の混合泉)

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)

PH:7.84

主な成分

リチウムイオン:4mg/kg

ナトリウムイオン:1024mg/kg

カリウムイオン:211.1mg/kg

アンモニウムイオン:0.5mg/kg

マグネシウムイオン:5.1mg/kg

カルシウムイオン:345.2mg/kg

ストロンチウムイオン:2.4mg/kg

バリウムイオン:0.1mg/kg

マンガンイオン:2.5mg/kg

フッ素イオン:1.3mg/kg

塩素イオン:1854.1mg/kg

臭素イオン:10.8mg/kg

ヨウ化物イオン:2.5mg/kg

硫化水素イオン:1.3mg/kg

硫酸イオン:460.5mg/kg

リン酸水素イオン:1.2mg/kg

炭酸水素イオン:177mg/kg

遊離二酸化炭素:44mg/kg

遊離硫化水素:0.6mg/kg

メタケイ酸:159.8mg/kg

メタホウ酸:222.9mg/kg

メタ亜ヒ酸:4mg/kg

成分総計:4490mg/kg

硫黄量1.825:(H₂S 0.6 HS⁻ 1.3 S₂O₃²⁻0)

 

12498

蕨温泉ふれあいの湯から山田温泉へ。

12499

県道66号線山田温泉路。

12500

山田温泉駐車場から徒歩移動。

12501

山田温泉大湯に到着、外観。

12502

入口を入り、靴を脱ぎ、下足箱に収納し、券売機で入浴券を購入し、受付に渡し脱衣場へ。

12503

脱衣場はコインロッカー、脱衣棚式。

12504

浴槽:ゴム系硫化水素臭、飲まず。10人程度はいれそうな無色透明の浴槽に源泉が左奥ぬる湯ジャバジャバ、右手前からは熱湯がそこそこ掛け流されていました。訪問時の泉温は約左付近43℃程度、右付近45℃程度でのんびり入浴できました。

12505

浴槽反対から。

12506

左奥湯口脇人間入浴目線。

12507

左奥湯口。

12508

右手前湯口脇人間入浴目線。

12509

右手前湯口。

12510

ぬる湯浴槽:ぬる湯は、1人~2人程度はいれそうな無色透明、白湯花沈殿浮遊の浴槽に源泉がそこそこかけ流されていました。訪問時の泉温は約42℃程度でのんびり入浴できました。

12511

ぬる湯浴槽湯口脇人間入浴目線。

12512

ぬる湯浴槽湯口。

12513

40分程過ごし松川渓谷温泉へ移動。

 

訪問2019.12

 

信州高山温泉郷で入浴したその他の日帰り温泉・温泉宿

 

七味温泉紅葉館別棟野天風呂

七味温泉渓山亭恵の湯

七味温泉渓山亭に一人宿泊

七味温泉渓山亭に一人宿泊(ご飯)

信州高山温泉郷七味温泉山王荘2019冬

信州高山温泉郷松川渓谷温泉滝の湯で日帰り入浴

信州高山温泉郷蕨温泉ふれあいの湯で日帰り入浴

信州高山温泉郷七味温泉紅葉館で日帰り入浴

信州高山温泉郷奥山田温泉レッドウッドインで日帰り入浴

信州高山温泉郷七味温泉山王荘で日帰り入浴

信州高山温泉郷子安温泉で日帰り入浴

信州高山温泉郷五色温泉五色の湯旅館で日帰り入浴

 

山田温泉大湯までのアクセス

 

新潟市より北陸自動車道新潟西ICから高速に乗り上越方面へ。上越ジャンクションから上信越道に入り長野方面へ。小布施スマートインターで降り、信号を右折。橋を渡り最初の小路を左折し、国道403号線の信号を過ぎ、県道66号線を進んでいき、蕨温泉を過ぎ、山田温泉街に入ると中ごろ右側に見えてきます。自宅より約210km、所要時間2時間20分。

広告