いわき湯本温泉上の湯

住所:福島県いわき市常磐湯本町上川

内湯 銭湯系

 

いわき湯本温泉上の湯で日帰り入浴してきました。

 

訪問時の温泉分析書の主な温泉成分は下記でした。

温泉分析書H27.08.11

源泉:常盤湯本温泉 湯本温泉源泉

泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)

PH:8

主な成分

水素イオン:0.1mg/kg未満

リチウムイオン:0.3mg/kg

ナトリウムイオン:547.8mg/kg

カリウムイオン:7.2mg/kg

アンモニウムイオン:0.6mg/kg

マグネシウムイオン:3mg/kg

カルシウムイオン:70.7mg/kg

ストロンチウムイオン:0.7mg/kg

バリウムイオン:0.1mg/kg未満

アルミニウムイオン:0.1mg/kg未満

マンガンイオン:0.1mg/kg未満

鉄2イオン:0.1mg/kg未満

銅イオン:0.1mg/kg未満

亜鉛イオン:0.1mg/kg未満

フッ化物イオン:4.9mg/kg

塩化物イオン:647.9mg/kg

臭化物イオン:2.3mg/kg

ヨウ化物イオン:0.5mg/kg

亜硝酸イオン:0.1mg/kg未満

硝酸イオン:0.1mg/kg

水酸イオン:0.1mg/kg未満

硫化水素イオン:6.2mg/kg

硫酸水素イオン:0.1mg/kg未満

チオ硫酸イオン:1mg/kg

硫酸イオン:316.4mg/kg

リン酸水素イオン:0.1mg/kg未満

炭酸水素イオン149.5mg/kg

炭酸イオン:0.1mg/kg未満

メタケイ酸:58.2mg/kg

メタホウ酸:21.8mg/kg

メタ亜ヒ酸:0.1mg/kg未満

遊離二酸化炭素:4.4mg/kg

遊離硫化水素:0.7mg/kg

成分総計:1844mg/kg

硫黄量7.244:(H₂S 0.7 HS⁻ 6.2 S₂O₃²⁻ 1)

 

お宿から歩いて上の湯へ行く途中、鶴の足湯広場に到着。

薄硫化水素臭のする左側熱め、右側ぬるめの足湯。

真ん中にも湯口がありました。

円形の真ん中から源泉が吹き上がり円外周からポタポタ源泉が足湯へ供給されていました。鶴の足湯は入足せず、上の湯に向かって歩いているとU字溝の下から硫化水素臭の湯気が吹き上がっている所が多くありました。中でもローソンの看板脇の側溝が、湯気が一番高く吹き上がっていました。

けっこう歩いて(約1km)上の湯に到着。

駐停車禁止案内と上の湯駐車場案内。

男湯入口は右側でした。中に入ってすぐ左側の番台で150円を支払い右側の下足箱に靴をいれ脱衣場。脱衣場は正方形の鍵付ロッカーと鍵なし正方形の脱衣置場。洗体場は4か所プラス1、銭湯スタイルで内湯:薄渋硫化水素臭、渋硫黄のち微塩味。4人程度入れそうな奥に広がっていく台形タイル張りの浴槽に無色透明の源泉がドバドバ浴槽の大きさに見合わないほど掛け流されていました。訪問時の泉温は地元のかたが2回戦目から加水してて約47~46℃程度でのんびり入浴できました。入浴休憩を繰り返し3回戦して撤収。

 

訪問2018.11

 

いわき湯本温泉その他の公衆浴場

 

いわき湯本温泉さはこの湯

住所:福島県いわき市常磐湯本町三函176−1

いわき湯本温泉上の湯から徒歩で約600m、所要時間約7分。

関連記事:いわき湯本温泉さはこの湯で日帰り入浴

 

いわき湯本温泉みゆきの湯

住所:福島県いわき市常磐湯本町天王崎1−8

いわき湯本温泉上の湯から徒歩で約1,100m、所要時間約13分。

関連記事:いわき湯本温泉みゆきの湯で日帰り入浴

 

いわき湯本温泉湯めぐりの宿泊先

 

いわき湯本温泉心やわらぐ宿岩惣

住所:福島県いわき市常磐湯本町吹谷39

いわき湯本温泉上の湯から徒歩で約1,000m、所要時間約12分。

関連記事:いわき湯本温泉心やわらぐ宿岩惣に一人素泊まりで宿泊

 

いわき湯本温泉までのアクセス

新潟市より磐越自動車道新津ICから高速に乗り福島方面へ。いわきジャンクションから常磐自動車道に入りいわき湯本ICで降り左折。県道14号線を走り2個目の信号を左折し、くねくね走るといわき湯本温泉に到着。自宅より約225km、所要時間約2時間半。

広告